TRUSTMARKETING

ホーム|TRUSTMARKETING

About TRUSTMARKETING

この作成者は詳細を入力していません
So far TRUSTMARKETING has created 9 blog entries.

最新2021年ホームページ制作費用の相場

ホームページの制作費用について疑問をお持ちでないでしょうか? 見積もりを数社に依頼したら、各社まったく金額が違う見積もりで適正価格はいったいいくらなのだろう?と思う方が多いはずです。 プログラマーやWEBデザイン技術を知らない方々は特にホームページの価格について疑問や不安を持つと思います。 価格差の違いについては、以下のことが言えます。 1,ホームページ制作会社が大きい規模の会社 オフィス家賃や人件費がとくに大きいのでその費用がホームページ制作費用にも上乗せされる傾向が多く、制作費は比較的高額な場合が多いです。 2,オリジナルデザインかテンプレートデザインか オリジナルデザインで制作する場合は、あからじめホームページの構成が決めてあるテンプレートデザインで制作をするよりも価格は高くなります。理由は作業工程が増えるためです。 3,売り切りか月額制か 現在ホームページ制作会社の料金設定は、売り切りタイプと月額課金制の2タイプが存在しています。 売り切りの場合は、制作完了後に依頼主にデータを渡し完了となります。 この場合、サーバ保守管理やドメイン管理等を制作会社に依頼していない限りその他の費用はかかりません。 WEBサイトの規模やデザイン性などにもよりますが、10万円前後から数百万円くらいまでの価格帯になります。 月額制の場合は、初期費用49,800円で月額4,980円前後の月額費用がかかります。 月額費用の中にはドメイン費用やサーバ費用やホームページの修正費用も入っている会社もあります。   <全国2021年のホームページ制作の相場> ■企業サイト(小規模) 相場料金:400,000円~600,000円程度 費用内の制作内容 トップページ ×1 企業情報 ×3 事業・サービス紹介 ×4 お知らせ ×1 お問い合わせ ×1 計:10ページ程度 ■企業サイト(中規模) 相場料金:800,000円~1,200,000円程度 費用内の制作内容 トップページ ×1 企業情報関連ページ ×8 事業・サービス紹介関連ページ ×15 お知らせ関連ページ ×5 お問い合わせ ×1 計:30ページ程度 ■企業サイト(大規模) 相場料金:1,500,000円~5,000,000円程度 費用内の制作内容 トップページ ×1 企業情報関連ページ ×15 事業・サービス紹介関連ページ ×35 お知らせ関連ページ

起業にドリームゲートを活用

DREAM GATE(ドリームゲート)をご存知でしょうか? ドリームゲートは経済産業省の後援を受けて2003年4月に発足した、日本最大級の起業支援プラットフォームです。 起業したいとお考えの方はドリームゲートに無料登録して様々なサービスを受けてみては如何でしょう。 <代表的なドリームゲートのサービス> 専門家による無料相談 会社設立キットや法的・契約書作成ツールが使える(無料) 事業計画書作成サポートツールが使える(無料) 日本政策金融公庫による融資相談が出来る 優良なセミナー情報が掲載されている   このように起業に必要なツールが網羅されているサービスです。 昨今、シニアの方の起業や40代から起業する人、主婦の方の起業が多いように思います。 以前、ご相談者様の中に下のように仰った方がいらっしゃいます。 自分の子どもにとって一番良い教育は、親である私がチャレンジする姿勢と努力する姿勢、そして仕事を楽しんでいる姿を見せたい。 こう仰って、以前から温めていた事業プランを実行に移されました。 参考URL オーバー40の起業が成功する3つの理由 https://www.dreamgate.gr.jp/contents/column/startup-over-40 主婦経験を活かした保育サービス/ 企業組合オフィス21 https://www.dreamgate.gr.jp/contents/case/company/31713 まず起業するためには何が必要で、起業したいけれど何にいま不安な気持ちがある方はドリームゲートを活用されると良いでしょう。 1度きりの人生、失敗を恐れず果敢にチャレンジする姿勢は、こちらも勇気が湧いてきます。   ドリームゲートホームページは下のリンクからどうぞ https://www.dreamgate.gr.jp

By |2021-01-22T20:48:39+09:0012月 23rd, 2020|起業|0 コメント

target=”_blank”の脆弱性について

HTML上で、外部向けリンクを別タブで開くために、リンク(a要素)に target="_blank" 属性を指定するやり方は昔からあるやり方です。現在もtarget="_blank" 属性のみを使っているWEB制作会社は多いようです。 ホームページを持っている企業や個人の方は、外部向けリンクを別タブで開くtarget="_blank" 属性の扱いについて注意をして頂きたいことが2点あります。   リンクにtarget="_blank"を指定するとセキュリティとパフォーマンスの点で問題がある リンク元のページのパフォーマンスが低下するおそれがある まず、1について今年Googleのエンジニアが、 リンクにtarget="_blank"を指定するとセキュリティとパフォーマンスの点で問題があるので、rel="noopener" 属性または rel="noreferrer" 属性と併用したほうがいい。 target="_blank" にはセキュリティ上の脆弱性があります。リンク先のページでは window.opener を使用して親ウィンドウのオブジェクトにアクセスしたり、window.opener.location = newURL によって親ページの URL を変更したりできます。 上記のようなTweetをしました。 target="_blank"で別タブで開く場合、元のページとリンク先のページの両方がブラウザ内に存在しているということになります。そうすると、リンク先のページに悪意のあるJavaScriptが書かれていたらリンク元の貴社のホームページが改ざんされてしまう可能性があるためです。 企業のWEB担当者の方は、target="_blank" を確認してみてください。   次に、パフォーマンスの低下について。 リンク先のページで負荷の高い JavaScript が実行されていると、リンク元のページのパフォーマンスが低下するおそれがあります。あまり気にならないことかもしれませんが、target="_blank" 属性にrel="noopener" 属性または rel="noreferrer" 属性を加えれば良いだけなので今後は意識してみては如何でしょうか?   例(いままで):<a href="https://websaite.com" target="_blank" ></a> 例(これから):<a href="https://websaite.com" target="_blank" rel="noopener"></a>

By |2020-12-22T10:31:31+09:0012月 22nd, 2020|HTML|0 コメント

「コロナに負けるな!キャンペーン企画第2弾」

中小企業、個人事業主の皆様。 「コロナに負けるな!キャンペーン企画第2弾」としてECサイト構築とホームページ構築を格安で承ります。 通常価格の50%OFF お気軽にご相談ください。 件名は「コロナに負けるな!キャンペーン企画第2弾」とご入力ください。 お問い合わせ&お見積り https://trustmarketingllc.com/home/contact-us/  

特別割引!ホームページ制作

「コロナに負けるな!キャンペーン企画」 ホームページ(5ページ以内)の制作を39,800円(税抜)で販売します。 詳細はお問い合わせください。 毎月2社限定です。  

新型ウィルス時代のWEB/IT

動向 新型コロナ時代のWEB動向は確実にWEBサイトをもつ企業と持たざる企業で大きく業績に影響するでしょう。 過去の歴史から学ぶ 9世紀初頭にはコレラ、20世紀初頭にはスペイン風邪が流行しました。 同時期に第一次世界大戦が起こり兵隊の間でクラスターが発生しスペイン風邪は世界中に拡大しました。 このように人類史上、周期的に新型ウイルスが蔓延し、その都度社会構造や生き方を大きく変えてきました。 乗り遅れるな 今回の新型コロナは、一過性のものではなく過去の歴史を振り返ると今後も同じようなことが起こるでしょう。 世界の景色は変わる。確実に言えるのは、社会構造、産業、経済、行政は「オンラインに移行していく」ということです。 現に日本政府はデジタル化を急速に進めています。 インターネットを介したITは、今回の新型コロナをきっかけにいっそう加速していくでしょう。 「もはや、その文脈に乗ろうとしない企業や個人は生き残れない。」 「市場で存在感を失うだけです。」と言っている専門家もいるくらいです。 いまから計画的にWEB戦略を行いませんか? 弊社はITが苦手な企業や個人への様々なサポート実績があります。 ご相談はお早めに。

By |2020-10-29T22:12:27+09:0010月 29th, 2020|未分類|0 コメント

D to C(D2C)のビジネスモデルの時代に突入

D to C(D2C)とは 「Direct to Consumer」の略です。 貴社が消費者に直接商品を販売するビジネスモデルをいいます。 D to C(D2C)では、貴社がショッピングサイトを通して直接販売し消費者からダイレクトに評価を得ることが出来たり消費者データを集めてマーケティングに活かしたりすることが出来ます。 これからインターネットショッピングサイト(ECサイト)を作りたい方やショッピングサイト(ECサイト)を既に持っているが思うような効果が出ていなくてお悩みの方はご相談ください。 インターネットショッピングサイト運営を成功せるにはWEBマーケティング等に詳しい専門家のアドバイスを聞くことが成功の近道です。 ホームページにもいえることですが闇雲にWEBサイトを作っても効果は上がりません。 弊社が大手制作会社よりも安価でありながら機能や使いやすさはトップレベルの弊社のショッピングサイト構築が出来る理由は世界最高水準のCMS(Contents Management System コンテンツ・マネジメント・システム)を既に取り入れているためです。 WEBサイトの知識が無い社員の方でも容易に管理出来るシステムですのでご安心してご依頼ください。

By |2020-10-29T17:38:37+09:0010月 29th, 2020|未分類|2 Comments

NEWサイト

WEBサイトを新しくしました。 今後ともよろしくお願いいたします。 弊社のサービス内容は、WEBサイト制作(企業サイト/インターネットショッピングサイト構築)、グラフィックデザイン(広告/パンフレット/フライヤー/名刺/ポスター制作)、WEBマーケティングコンサル、プログラミング、WEBメディア、VPS販売事業、新規事業企画のアイディア提供を行っております。

By |2020-08-18T13:31:56+09:001月 19th, 2016|Design, News, Technology|0 コメント

ホームページの目的と目標を明確にしよう

WEBサイト(ホームページ)を作る際、「目的」を明確にしておく必要があります。 では、なぜ目的が必要なのでしょうか? WEBサイト(ホームページ)を作る目的が必要な理由は、WEBサイト(ホームページ)に訪れた人(アクセスしてくれた人)に何を見せたいのか、何をして欲しいのかを明確にすることでWEBサイト(ホームページ)を効果的にビジネスで活かすことが出来るためです。 WEBサイト(ホームページ)を作る前段階に「ホームページの役割を知る」ということも重要になります。 WEBサイト(ホームページ)の役割 WEBサイト(ホームページ)の役割は様々あります。 ・会社のブランディング ・商品のブランディング ・訪問者数アップを狙い会社や商品、サービスの認知度を上げる。 ・インターネットショッピングサイトで売上アップ ・新規顧客の問い合わせや資料請求を5倍アップ。 ・ターゲット顧客の個人情報を得て営業に活かす。 ・会社の理念などを伝え社会的なイメージアップを狙う。又は優秀な人材獲得のため。 ・24時間効率的に働いてくれる営業マンや広報担当としての位置づけ。 等々あります。 WEBサイト(ホームページ)の目的は土台(基礎)作り WEBサイト(ホームページ)の目的を明確にすることでサイトの作り方(設計図)が変わってきます。 目的が明確になっていればサイト設計も明確になりWEBデザインもサイトの目的に沿ったデザインとなります。 ただ単に、カッコいいサイト、かわいいサイト、センスの良いサイトを作ってくださいという要望だけではWEBサイト(ホームページ)を作る意味が半減してしまいますのでまずはじめにWEBサイト(ホームページ)を作る目的を明確に考えてみてはいかがでしょう。

お知らせ

今月のひとこと

副業をする人が増えていますが、WEBサイトを1つもつだけで大きな収入を得ることもできますよ。

毎月1回配信のためになるメルマガ

最新のWEB情報や効果的なマーケティング情報を配信します。

    Go to Top