起業

ホーム|起業

バーチャルオフィスとレンタルオフィスの違い

  バーチャルオフィスとは、会社登記が出来る格安サービスです。 最近、コロナの影響でバーチャルオフィスを契約する人が増えています。 主な使い方は、登記住所はバーチャルオフィスだけれども、実際に仕事をするのは自宅でも可能な人などに人気です。 基本的に、登記住所が使えることを目的としていますので、オフィス空間はありません。 オプションで使いたいときにオフィスを使えるプランもある会社もあります。   レンタルオフィスとは、会社登記が出来て、個別の専用スペースを借りながら、必要に応じて会議室等の共用スペースを利用するというオフィス形態になります。自宅では仕事に集中できない人などに向いています。 最近では、地方自治体が東京のレンタルオフィスを借りて、移住者希望者のサポートなどを行っていることろもあります。 いずれにしても、コロナ前まではこのようなオフィス形態に偏見を持つ人もいましたが、現在ではリモートワークの認知度も高まり社会認知されつつあります。   【バーチャルオフィスとレンタルオフィスのサービス具体例】 ・法人登記(特定商品取引法)に記載可能な住所の貸出 ・個人専用電話番号の貸出(03番など) ・郵便物の自宅転送 ・会議(商談)スペースのレンタル バーチャルオフィスでオススメなのは、カスタマープラスです。 郵便物の転送も通常転送、速達と選ぶことが出来ます。 また、会議室を使いたいときは自社会議室を予約すればいつでも使用可能です。 お申込する場合、紹介者に弊社の名前をご記入の上申し込みすることで初期費用が全額無料になります。 カスタマープラス https://www.ginza-plus.net/index_2.php   レンタルオフィスでオススメなのは、サーブコープです。 とにかくキレイで快適な仕事環境が整っています。 受付のスタッフもとても親切です。 サーブコープ https://www.servcorp.co.jp/ja/   会社登記場所の選択肢のひとつとして、バーチャルオフィスやレンタルオフィスをご検討してみるのはいかがでしょう。  

By |2021-09-22T14:47:44+09:009月 22nd, 2021|起業|0 コメント

起業にドリームゲートを活用

DREAM GATE(ドリームゲート)をご存知でしょうか? ドリームゲートは経済産業省の後援を受けて2003年4月に発足した、日本最大級の起業支援プラットフォームです。 起業したいとお考えの方はドリームゲートに無料登録して様々なサービスを受けてみては如何でしょう。 <代表的なドリームゲートのサービス> 専門家による無料相談 会社設立キットや法的・契約書作成ツールが使える(無料) 事業計画書作成サポートツールが使える(無料) 日本政策金融公庫による融資相談が出来る 優良なセミナー情報が掲載されている   このように起業に必要なツールが網羅されているサービスです。 昨今、シニアの方の起業や40代から起業する人、主婦の方の起業が多いように思います。 以前、ご相談者様の中に下のように仰った方がいらっしゃいます。 自分の子どもにとって一番良い教育は、親である私がチャレンジする姿勢と努力する姿勢、そして仕事を楽しんでいる姿を見せたい。 こう仰って、以前から温めていた事業プランを実行に移されました。 参考URL オーバー40の起業が成功する3つの理由 https://www.dreamgate.gr.jp/contents/column/startup-over-40 主婦経験を活かした保育サービス/ 企業組合オフィス21 https://www.dreamgate.gr.jp/contents/case/company/31713 まず起業するためには何が必要で、起業したいけれど何にいま不安な気持ちがある方はドリームゲートを活用されると良いでしょう。 1度きりの人生、失敗を恐れず果敢にチャレンジする姿勢は、こちらも勇気が湧いてきます。   ドリームゲートホームページは下のリンクからどうぞ https://www.dreamgate.gr.jp

By |2021-01-22T20:48:39+09:0012月 23rd, 2020|起業|0 コメント

お知らせ

今月のひとこと

副業をする人が増えていますが、WEBサイトを1つもつだけで大きな収入を得ることもできますよ。

毎月1回配信のためになるメルマガ

最新のWEB情報や効果的なマーケティング情報を配信します。

    Go to Top